2014年12月06日

レーザー保護メガネを選択

近年、レーザーポインターの発展に従ってレーザー防護メガネが益々声が増える。


201412051


レーザー技術が広く、軍事及び民間のフィールドは、レーザー保護技術で使用されて、より多くの注意が払われてきた、レーザー保護材料の種類が増加している。


保護原理から、現在のレーザー保護材料は、次の3つのカテゴリに分けることができる一方を吸収、反射および吸収/反射錯体を含む非線形光学レーザー保護の原理に基づいており、第二非線形光学レーザーの原理に基づいている保護は、それは主に非線形吸収、非線形屈折、非線形散乱および非線形反射を含む三次非線形光学効果の使用である。第三は、レーザ保護相転移の原理に基づいている。


指向性の強い光、色、産業及び医療分野では広範囲の用途を有し、それは軍事作り、良好な、一貫性と良好な特徴である。しかし、それは人体へのレーザーのこれらの特性はまた、深刻な脅威を提起している。人間の目はレーザー特にグリーンレーザー)に最も敏感な器官である、放射線の105倍のエネルギー密度を増加し、そのように低用量を作ることができ起因する網膜上の光の集束効果に目が網膜に重大な損傷を引き起こすとされるまで視力低下や失明を引き起こす可能性があります。

そして、レーザーポインター特に超強力レーザーポインター使う時に、自分の目をためにレーザー保護メガネをりようしてください。


http://luoye1.mie1.net/e524260.html




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。